一般社団法人電気通信共済会

ご挨拶

ご挨拶

一般社団法人電気通信共済会 会長 小椋 敏勝

 私たち電気通信共済会は、NTTグループ企業の約200社が法人会員、その法人会員に所属している社員及び退職者が個人会員となっている非営利団体です。
 1952年の設立以来、法人会員・個人会員の福利厚生の支援に努めてまいりました。現在は相互扶助部事業の推進と遺児育英基金の運営を中心に、不動産賃貸事業や福利厚生業務のアウトソース事務に従事しています。
 相互扶助部事業は、個人会員の方の退職後の「ゆとりあるセカンドライフの実現」のため、会員個人の自助努力を支援するものとして会費を集め安定的に運用し、長期にわたる年金資産の確保に努めています。
 遺児育英基金事業は、法人会員企業の社員の方が不幸にして在職中に死亡された際、残された遺児の方々に教育費を助成するものとして、出生から大学生等(22歳)までを対象に支給しています。
 不動産賃貸事業は、電気通信共済会が北海道から九州まで全国に所有しているオフィスビル16物件、マンション5物件、駐車場2物件を賃貸しているものです。
 福利厚生業務のアウトソース事務は、法人会員の社員の生命保険、損害保険などの団体扱い事務を実施しているものです。
 これらの事業を通じ、NTTグループ法人会員の皆様の福利厚生事業の一部として、また、個人会員の皆様には在職中から退職後の生活サポートとして、長期にわたる支援を実施しています。
 私たち電気通信共済会は、今後も財務基盤、事業基盤の強化に努め、会員の皆様の期待に応えられるよう、従業員一丸となって取り組んでまいります。

NTTグループ社員・退職者の皆様向けHPはこちら

パスワードは、氏名コードを入力してください。

パスワードがわからない時は

NTTグループ各社厚生担当者の皆様向けHPはこちら

パスワードは、給与支給組織コードを入力してください。

パスワードがわからない時は

PAGE TOP